So-net無料ブログ作成

 

日本・中国・西洋から探究した技芸の要

調和への技法で訓練された精神と、世界の変化との、差異をとらえる。
様々な物事の未知の相互関係や発展性を見い出すため、自らを柔弱におく。
目指す物事が達成されると無条件に信じ、可能の根拠を積み上げていく。

もうすこし詳しい説明はこちら
http://glasperlenspiel.blog.so-net.ne.jp/2012-02-26

this web-log. (C)Copyright 2005-2012 Kyo Nissho.

 

ホームページ翻訳中の日曜日(3) [昔の私]



やはり今日も、ホームページの翻訳に時間を使うことにしました。
 
 
ところで、私は現実主義者であり、実証主義者でもあります。
ですから、政治に関しても「まず支持政党ありき」ではなく、
その時々の政治に応じて自分自身の対応を決めます。
(ちなみに、私は無党派です。いわゆる浮動票ですね。)

現在の麻生内閣で提出されている第一次補正予算は9兆円。
参議院で民主党が反対しているので、60日ルールにより、
来年の二月に衆議院に戻ってきて、可決されるでしょう。

通常ですと、予算が決まってから市場に配分されるまで半年かかりますが、
麻生内閣は金融機能強化法案を同時に提出しているので、来年二月、
中小企業などに、運転資金など、お金が流れることになります。

金融機能強化法案とは、銀行による貸しはがしや貸し渋りを禁じる法案です。
ですから、来年八月にお金が流通する見通しが確定しているなら、
法案成立直後から、銀行からの融資の形で企業にお金が流通するはずです。

もし民主党が、第一次補正予算と金融機能強化法案に賛成すれば、
年内にも諸企業に資金が流通し、倒産する企業は最少になるのですが、
民主党は反対しています。理由は分かりません。

ちなみに、第二次補正予算は、「会計年度向け」の予算ですので、
現在提出されるものではありません。麻生首相が言っているのは、
「会計年度向けへの補正予算も出しますよ」という「予告」です。

他方、麻生首相はインドとオーストラリアと同盟を結び、
インドには三井物産出資による日本人村が出来ます。
高い技術力を持ちながら、コストの面で日本では活躍できない企業も、
インドに移住して活躍することができます。
インドでの収入は、日本円にすれば少ないでしょうが、
十分に裕福な生活と、貴人として尊重される日々があることでしょう。

インドの日本人村は、主に日本の中小企業が対象とのことです。

これらは、ガラス玉遊戯に興味のある方々にも都合の良い流れで、
私のホームページの翻訳は年内に終わりますし、
来年早々からインドとの交流を開始し、二月から日本の企業との関係を創る、
という流れになるかと思います。

インドには、私から日本の知的財産創出のエッセンスを流し、
日本には、同じ多神教のインドからの文化的エッセンスを、
サブカル愛好者が利用できるように翻案して提示することとなります。
そこに、日本の中小企業の方々の活躍するチャンスが生まれることでしょう。

「現在の」自民党の流れでは、私の行動は、このようになりますね。
他の方が首相になったり、民主党が与党になったなら、私もその時に考えます。
民主党は政策を発表していないので※1、今は何も判断できません。
想像できないものは実証過程に乗らないからです。
(※1 11/30午後にありましたが、麻生首相が進めている諸政策の、
    呼び方を変えただけのものでした。
    いわゆる「政策潰し」なのでしょうか?)

余談ですが、日本には、インドネシアからも「強力な協力関係推進」の申し出があり、
ブラジルからも「協力関係の推進」の申し出を受けています。
海外との事業に関心のある方にとっては、日本の力が相対的に極大化している今は、
大きなチャンスだと思います。
 
 
昨日のお散歩コースです。
081129(1).jpg
河川敷には、除雪した雪を堆積して雪山にするのですが、
その準備がされています。
シートを敷く必要など無いかと思うのですが、
そこが日本の技術の細やかさですね。

081129(2).jpg
081129(3).jpg
081129(4).jpg
 
 
食事は、中華食堂でいただいてきました。
r・小海老と小種の塩味煮込み定食.jpg
小海老と小種の塩味煮込み定食

r・1/2ネギラーメン.jpg
1/2ネギラーメン

「ランチメニューは何日おきくらいに替わるのですか?」と聞くと、
「決まってません!」と、にらみつけられました。

この店、味は良いし、レパートリーも多いのですが、
客の心を思い浮かべるということができてないんですよね。

客が減ってるのに、反省できない意固地さが、あわれだ・・・。
 
 
クネヒト081201.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

・・・ただし、「情報は正確に」ね、クネヒト。

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(53)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

ホームページ翻訳中の土曜日(2) [昔の私]



昨日は、知的財産貿易のため、ホームページの翻訳に時間を使いましたので、
企画などの記事はありません。明日はどうしようかな?
 
 
私の過緊張状態を解消するために、医師からの指示通り、
30分の散歩を始めた私です。
一昨日は、河川敷を散歩しました。

081128(1).jpg
081128(2).jpg
081128(3).jpg
今年の札幌は暖冬のようで、積雪が遅いですね。

081128(4).jpg
081128(5).jpg
これ、ちょっとビックリしました。冬の河川敷にテントです。
自転車が見えたので、旅行者かと思いましたが、
自転車はテントのコードを引っ張るために用いられていました。

私も二十代のころは、冬のキャンプなどをしたこともありますが、
何か、ちょっと、違和感がありました。
 
 
食事は、いつもの定食屋さんでいただきました。
血中中性脂肪などの話をしていたので、
メニューにはない焼き魚「裏」定食を用意してくださりました。

なんでも合理化やコストカットが進む日本で、
客の健康にあわせて食事を出してくださるなんて、
とても貴重な店です。

a・ホッケ焼き.jpg
ホッケ焼き
けっこうボリュームがあります。
ただ焼いただけではありません。50年のキャリアのある料理人であることが、
十分に分かる味つけでした。美味しかった。

a・つけあわせ081129.jpg
ご飯と付け合わせ
禁酒したことも話していたので、「いっぺんに全部節制するのは無理でしょう」と、
店主が、ご飯大盛りを「やや大盛り」にしてくださいました。
料金は普通の定食と同じにすると言ってくださったのですが、
「裏」メニューを出してもらってまで格安にしてもらうわけにはいきません。

でも、ありがとう。
 
 
クネヒト081130.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(52)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

ガラス玉遊戯とドクターストップの木曜日 [昔の私]



人々の言動の背景を知れば、人は運命の媒介に過ぎないと気づく。
ならば、自ら運命の媒介となり、自らを定めず、自ら気づけば、
万物において扱いうるものは自らに内在することを覚える。

万物の内在を覚えた人に、他者が欲望をもって働きかければ、
人為の無力さに気づく。もって欲望の浅はかさに気づくが、
その人に人為をなすのは禁物である。

※参考
 「老子」を読む ※著者が個人として実在したかは不明
    楠山春樹訳 PHP文庫 552円+税
 ガラス玉遊戯 ヘルマン・ヘッセ著
    ※アマゾンで古本かヘッセ全集をお探しください
 図解 思考は現実化する ※ナポレオン・ヒルの成功エッセンス
    きこ書房刊 700円+税
 
 
昨日は、またまた定食屋で食事しました♪
a・ハムエッグ・ハムカツつき.jpg
ハムエッグ定食 「今日はキャベツがまだ出来てなくてさ。少なくてごめんね。」と店主。
( ̄□ ̄;しかし、ハムエッグ定食にハムカツがついてきている・・・。

a・つけあわせ・081127.jpg
つけあわせですね。

a・ライス超てんこ盛り.jpg
大盛りを頼んだのですが、この大盛りは前日比10%増しですね。
テーブルに置いたら、ライスが崩れ落ちました☆(≧∇≦)
 
 
ところで、先週の金曜日に病院から電話があり、血液検査の結果、
肝機能に関する数値が悪化しているとのことで、即日禁酒を始めました。

そして、昨日がその件の診察日。
医師は禁酒は良いことで、肝機能の数値も、手遅れの範囲ではない、
とのことでした。

ただ、通院する度に血圧の検査をするのですが、心拍数が常に多い、
つまり、緊張状態が持続しているのが気がかりと、日常生活について、
医師からの質問に答えていくと、医師は、「そりゃ無茶だ。
働きすぎです。」と、今度は働くことにドクターストップ。(><)

映画などを観るのも緊張につながるので、控えるようにと。最良なのは、
仕事量を減らし、「環境音楽を聴きながら散歩」をすることだそうです。

命には代えられません。。。そうしますとも、ハイ。
 
 
アルコールの禁断症状を和らげるために、夜、アイスで糖分をとります。
pino.jpg
チョコエクレア.jpg
雪見だいふく.jpg
あと二週間くらいで禁断症状もおさまりますので、その時点から、
アイスの量も減らします。体重も減り始め、血圧も下がるでしょう。
 
 
クネヒト081128.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights resreved.
nice!(45)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

ホームページ翻訳中の水曜日(1) [昔の私]



昨日は、知的財産の貿易のために、私のホームページを英訳していたため、
企画の記事はありません。

自分で書いた文章なのに、英語にする時は、意味を構成する概念の形成手順が、
日本語と英語とで、かなりの差があり、苦戦しています。

今日は、病院を二つハシゴしなければならないため、
企画の記事は明後日からとなります。
 
 
ところで、今はそうでも無いですが、一時期「極める」と「こだわる」という言葉が、
頻繁に用いられましたね。

和食や季節の楽しみなどでもそうですが、日本人は基本的に、
「季節にあわせる」とか「興に応じる」など、柔軟な姿勢を大切にしてきました。

茶道や華道でも、作法が厳密に定められていますが、
それは参加する人々と共有する動作を定式化することで、
互いに独創性の評価方法を共有したり、技能を高めあうところに主眼があります。

自由自在に独創に心身を置き、それでいて作法が崩れない、
というところに、日本文化の特徴がありますが、重要としているところは、
独創性の解放であり、作法はその手段ないし過程にすぎません。
それは「極める」ことでも「こだわる」ことでもありません。

正確に調べていないので、正しい答えとなるか分かりませんが、
「極める」と「こだわる」という言葉がもったいぶって用いられ始めたのは、
人々が浮かれていたバブルのころかと思います。

慎みを失い、「自分は人より上なんだ」と強調する人々の心に産業が応じ、
「スープを極める」とか「素材にこだわる」とか言いだしたように感じます。

今は、あまり使われなくなってきた言葉ですね。
 
 
記事がさみしいので、この間の休日に組み立てた物干しの写真を載せます。
物干し(1).jpg
物干し(2).jpg
物干し(3).jpg
物干し(4).jpg
物干し(5).jpg

海外製なのだと思います。
不要なところの強度が高く、必要なところの強度が足りません。
パイプの内側は研磨されておらず、ナイフのような鋭さです。
組み立て説明書は、組み立て行程と異なっており、
幾度も組み立てなおしました。

まぁ、これはこれ、です。
 
 
昨日は、また、定食屋で食事をしました。
a・豚生姜焼き.jpg
豚生姜焼き
これがンマイ♪(⌒¬⌒) しかもキャベツてんこ盛り☆

a・つけあわせ081126.jpg
つけあわせですね。

a・ライス大盛り.jpg
ライスは思いっきり大盛りでした♪(^-^)

a・みかん.jpg
で、ミカンがサービス☆

ご馳走さまでしたm(_ _)m
 
 
クネヒト081127.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(43)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

ガラス玉遊戯とイタリア料理の月曜日 [昔の私]



例えば、他の人が私の代わりに働けば、私は働く必要が無い。
同様に、自然が私の代わりに働けば、私は働く必要が無い。

ところで、自然は人の思惑を超越して働き、節理を成し、
人為は節理を損ないながら行使される。

これらをもって、自然に通じることで自らの思惑を減らしていけば、
人生で天下の危難を知ることは無い。

失って人は節理に気づく。節理は万物への理解を導く。
他方、欲望にとらわれると、節理は失われ、万物に盲目になる。
「衰滅の始り」と呼ばれるゆえんである。

自然は均衡を成す。富の占有は自然への背信であり、
人生を通じて心の苦しみを増し続けることとなるのが常である。
ならば、万物を育てる自然のように、人々を慈しむべし。

※参考
 「老子」を読む ※著者が個人として実在したかは不明
    楠山春樹訳 PHP文庫 552円+税
 ガラス玉遊戯 ヘルマン・ヘッセ著
    ※アマゾンで古本かヘッセ全集をお探しください
 図解 思考は現実化する ※ナポレオン・ヒルの成功エッセンス
    きこ書房刊 700円+税
 
 
ということで、イタリア料理をいただいてきました♪

l・ブラットオレンジ.jpg
禁酒しているので、ソフトドリンクです。
本音、酒が飲みたい。ドクターストップなんです(><)人生で無理をしすぎた。
写真は「ブラットオレンジ」。酸味のある赤いオレンジジュースです。
んまい♪

l・知床鶏のテリーヌと鶏レバーのパテ.jpg
知床鶏のテリーヌと鶏レバーのパテ
前々回?食べた子羊のレバーも美味しかったですけど、
鶏のレバーも美味しいですね♪

l・キタアカリのスープ.jpg
キタアカリのスープ
まったりホッコリ*⌒o⌒*

l・センボウシ産カキのトマトソースパスタ.jpg
センボウシ産カキのトマトソースパスタ
l・フォカッチャ.jpg
フォカッチャをパスタスープにひたしながらいただきました♪
ここのフォカッチャ、塩味が少しして、中はシットリしています☆

l・キウイのパンナコッタ・カタラーナ・コーヒープリン.jpg
キウイのパンナコッタ・カタラーナ・コーヒープリン
「いつも来てくださるので、デザート三種、全てお出しします♪」と( ̄□ ̄;
このサービスは秘密にしなければ。。。(と、ブログに載せる。。。)
カタラーナって、初めて食べたんですが、「うめ~っ!!」と叫んでしまいました(><)

もう食べられないかなぁ・・・。

l・エスプレッソ.jpg
マイルドですが、泡立ってますし、エスプレッソですね。(^^)

この店では、いつもながらですが、満足なお昼でした♪(⌒¬⌒)
 
 
クネヒト081125.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(40)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:LivlyIsland

ガラス玉遊戯とイタリア料理の水曜日 [昔の私]



刺激的な物事に触れることで自らを見失うより、
内心を省みて為し得ることを受けとめる方が良い。

そうして、「意味」が自らの内より生じることに通じれば、
開かれた世界が、常に、自らに許されていることを知る。

為し得ることを守れば自ら在り、
幻想に心が揺さぶられるなら自らを失う。

未来は、自らが求めるように訪れる、とは、
このことである。

※参考
 「老子」を読む ※著者が個人として実在したかは不明
    楠山春樹訳 PHP文庫 552円+税
 ガラス玉遊戯 ヘルマン・ヘッセ著
    ※アマゾンで古本かヘッセ全集をお探しください
 図解 思考は現実化する ※ナポレオン・ヒルの成功エッセンス
    きこ書房刊 700円+税
 
 
ということで、イタリアンをいただいてきました♪

l・“ヨーリオ”モンテプルチアーノ・ダブロッツォ.jpg
ワインは、“ヨーリオ”モンテプルチアーノ・ダブロッツォ、です。
なじみやすい味です♪

l・サルシッチャ(ソーセージ).jpg
サルシッチャというソーセージです。
万人受けを望まない味から、輸入ものかと思います。
確認したかったですが、何しろ店が忙しそうなものでしたから。

l・キタアカリのスープ.jpg
キタアカリのスープ
“ズシッ”とした味です♪

l・オホーツク産ウニと白インゲンのクリームソース.jpg
オホーツク産ウニと白インゲンのクリームソース
個人的には、白インゲンを使っているのは、かなり気に入りました。
クリームソースと合っています。

l・厚田産真ゾイのディアーレ・スープ煮.jpg
厚田産真ゾイのディアーレ・スープ煮
この店、それぞれの量が多いので、フォカッチャが出ないのですが、
もしフォカッチャがあれば、スープにひたして食べたかったです。

l・コーヒーマーブルチーズケーキ.jpg
コーヒーマーブルチーズケーキ
なじみのある素材の組み合わせですが、素直にハーモニーを奏でてます。
クッキーとジェラートがついているのも良いですね♪

美味しくて安くて、気さくな接客がカジュアルな客にもなじむためか、
いつも店は混んでいます。
「空いてる時もあるんですよ」と店員さんは言いますが、
そんなの見たことありません。

札幌にとっては、大切な店の一つです♪
 
 
クネヒト081120.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(45)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

愛の天秤と回転寿司の火曜日 [昔の私]



一昨日、実質、大規模なアジアの共生圏が発足したことについて、
記事にしました。

話がとぶようですが、以前、第二次世界大戦を生きた、
ご高齢の方に、「なぜ日本人は、戦争で焦土となった日本で、暴動もなく、
すみやかに復興をとげられたのですか?」と、
たずねたことがあります。

その方がおっしゃるには「日本には天皇がいたから」だそうです。

ところが、歴史の浅い札幌に生まれ育った私には、
「天皇」の意味するものが、実感として分かりません。
もちろん、いろいろ調べ、学びはしたのですが、
やはり今でも、感覚的に分かりません。

ですから、「天皇陛下バンザイ!」と言って特攻するなど、
私には無理だと、他の、やや年配の友人に話したことがあります。
すると、その友人からは「君ならやるよ」と言われました。

戦後、軍事・金融・情報に関して、優位国から制限を受けてきた日本は、
みなさんご存じのとおり、「土下座外交」を続けてきました。

そして、世界中に融資してきた「円」が、今回の世界経済危機に際し、
世界に承認された日本の技術力で裏づけられると、ドルの代わりに流通し、
突然の日本優位が生まれました。
それと同時に、アジアの諸国が、国運を賭して日本との関係を樹立し、
日本の国際優位は確定しました。

アジアの諸国の援助なしだったなら、世界経済危機が去るとともに、
日本の財政破綻が訪れたことでしょう。「安定」という意味では、
日本は今すでに限界ギリギリなのです。

いま、私は、祖国日本に感じるのと同程度の愛を、
このアジア諸国の方々に感じています。

もしかしたら、私は、日本と日本を愛してくれたアジアの人々のためになら、
事の次第によっては、死を恐れないかもしれません。
もちろん、戦争は反対です。そして、日本を協調の象徴としてくれた、
アジアの諸国の連合は、世界の平和への安定に寄与するでしょう。

これまでの、外交劣勢のなかで、命を削りながら働きぬいた日本人を、
私は賞賛したいと思います。よくぞ耐え抜いたと感動します。
あと少しで、私たちの苦悩の歴史と比べても、余りある喜びを得ることでしょう。

アジア諸国との協力と友情の上に成り立ち、歴史上、おそらく初めて、
武力ではなく愛で、世界が変わっていくのを、見ることになります。

この記事の下書きの時、涙が止まりませんでした。
日本は、みなさまの惜しみない努力と、アジア諸国からの行動ある愛により、
未来が約束されました。私も、世界の平和と発展への貢献をするつもりです。

限りない感謝で、胸がいっぱいです。
心より、ありがとう、と言わせていただきます。
  
 
ところで、昨日は、回転寿司で食事してきました。

h・メモ.jpg
何気に、濃い味のお茶に代わってます。企業努力ですね。

h・あさり汁.jpg
あさり汁

h・あぶり牛ロース.jpg
あぶり牛ロース

h・あぶり鯖.jpg
あぶり鯖

h・すじこ.jpg
すじこ

h・タラバガニの外子.jpg
タラバガニの外子

h・なす田楽.jpg
なす田楽

h・ホタルイカ沖漬け.jpg
ホタルイカ沖漬け

h・花咲きガニ.jpg
花咲きガニ

h・玉子焼き.jpg
玉子焼き

h・鹿肉たたき.jpg
鹿肉たたき

h・白ゴマのブラマンジェ.jpg
白ゴマのブラマンジェ

    計2309円

第二次世界大戦で、もし旧ソ連が、北方四島にとどまらず、
北海道まで侵攻していたら、いまごろは私も、
ボルシチとかピロシキを食べてたかもしれませんね・・・・。
 
 
 
P.S.
国民による、行政定年退職者への、暴動?が起こりましたね。

マスコミは、国民受けのする情報ばかりを流し、
政治の功績を伝えませんし、同時に、政治の暗部も伝えません。
日本国民の目がふさがれたまま、これまで、
政治が進んできました。
(私は独自の情報網を持っているので、知っていることは多いですが、
 それを伝えた後、自らの責任で対応できないので、私も隠します。)

ただ、もう少しの間、我慢してほしいと思います。
日本を含むアジア諸国の力による世界の安定や、
日本に向かう求心力から来る、日本経済の成長や、
みなさんにとっての活躍の機会が、まもなく訪れます。

私も、微力ながら、ガラス玉遊戯で貢献します。

念のため申し上げておきますが、私は自民党支持というのではありません。
どの党にも、日本のために働いた議員がいました。
そして、それぞれに「清らかな水」ばかり飲んできたのではないのです。

彼らの責任は、いずれ時代に裁かれます。同時に、
彼らが日本を愛していたこと、アジアを見ていたことも、
確認されるでしょう。

それにも関わらず、みなさま、あるいは私たち、が、自覚すべきなのは、
私たち日本国民は誠実で忍耐強く工夫と努力を続けてきたことです。
それがアジアを通じて世界を揺り動かしているのです。

その品位、その栄光を、自ら捨ててはいけません。
あと少しの辛抱で、日本は、アジアは、世界は、新しい時代を手に入れます。

「国のために」とは言いません。「あなた自身のために」、「栄光あれ」と、
微力な私ですが、お伝え申し上げます。

私たちは1%を積み重ねてきました。「あと1%」を、あきらめてはいけません。

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(55)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

ガラス玉遊戯と、豆腐と湯葉の懐石料理の店の、土曜日。 [昔の私]



私たちを養う真の源は、遍在(へんざい)し、かつ、無窮であり、
私たちの目にとまることは無い。

真の源を知らず、飽くこと無い欲望に心身をまかせれば、
危難は絶えることなく訪れる。

利益を考えず、天地を養えば、自ずから足り、安静を命とできる。
もって、予感が訪れるのにまかせれば、命は天下を支える水となる。

※参考
 「老子」を読む ※著者が個人として実在したかは不明
    楠山春樹訳 PHP文庫 552円+税
 ガラス玉遊戯 ヘルマン・ヘッセ著
    ※アマゾンで古本かヘッセ全集をお探しください
 図解 思考は現実化する ※ナポレオン・ヒルの成功エッセンス
    きこ書房刊 700円+税
 
 
というわけで、豆腐と湯葉の懐石料理の店で、食事してきました。(^^)

u・メモ.jpg
贅沢な感じでしょ?(^^)

u・季節の小鉢三種.jpg
季節の小鉢三種

u・茶碗蒸し.jpg
茶碗蒸し

u・とうふしゅうまい・たぐり湯葉のお造り.jpg
とうふしゅうまい・たぐり湯葉のお造り

u・湯豆腐温泉鍋.jpg
鹿児島の、垂水温泉の湯で煮た豆腐と湯葉です。
本店が福岡にあるので、九州に関わる料理となります。

u・湯豆腐.jpg
煮ると白濁してくるのですが、そこに、この店特製の醤油とゴマを加え、
豆腐と湯葉をいただきます。

u・季節の揚物・生麩田楽・豆腐サラダ.jpg
季節の揚物・生麩田楽・豆腐サラダ
この店特製の藻塩というものをつけて食べます。
感動ものの美味しさです。

u・汁物・季節の飯物・香の物.jpg
汁物・季節の飯物・香の物
普通、漬けものはオマケみたいなものですが、
漬けもの専用の薄醤油を用意する周到さが、
驚きです。

u・カキのアイス.jpg
カキのアイス

よくもこれだけ、大豆を中心とした料理を出せるものだと、
また、それぞれに完成度を高められるものだと、感心します。

原材料を絞り込み、流通を簡素化するとともに、
契約農家からの大量購入によりコストを下げることで、
高度でありながら安価に懐石料理を実現できるのでしょう。

最初、湯葉懐石ということで、京都が関係するのかと思いましたが、
店員さんの話では、「日本文化」というククリなのだそうです。

「豆腐と湯葉の懐石料理」、かなり強烈な個性の店ですね。
 
 
クネヒト081116.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(61)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:LivlyIsland

ガラス玉遊戯とイタリア料理の木曜日 [昔の私]



人は物事の一部しか理解することができない。
しかし、自己の無力さ、不完全さを、自己に許すことができるなら、
無理解ごと万物の変化に心を開くことができる。

心が開かれれば、思考は万物の変化に導かれ、
節理の無限の働きに応じることができるようになる。

エゴにとらわれない積極性というのは、上述のようなもので、
自然に心身をゆだねる勇気は水のように柔弱な性質のものである。

※参考
 「老子」を読む ※著者が個人として実在したかは不明
    楠山春樹訳 PHP文庫 552円+税
 ガラス玉遊戯 ヘルマン・ヘッセ著
    ※アマゾンで古本かヘッセ全集をお探しください
 図解 思考は現実化する ※ナポレオン・ヒルの成功エッセンス
    きこ書房刊 700円+税
 
 
ということで、イタリアンの店に行きました。

l・“グラヴェッロ”ヴァルディ・ネート・ロッソ.jpg
ワインは“グラヴェッロ”ヴァルディ・ネート・ロッソです。
注文した後に値段を見て「げっ!グラス1500円」と思ったのですが、
テーブルに置かれたとたん広がる収穫の香りと、
一口ごとに心を打たれるので、飲み終わるまで時間がかかることが、
とても印象的で満足でした。味は日本人にも受け入れられるものです。

もちろん、もっと高級なワインを飲んでいる人や、
欧州人好みのワインに通じている人もいらっしゃることと思います。

l・インブルティーニと羊のレバーの冷菜.jpg
インブルティーニと羊のレバーの冷菜
羊は道内産のドーゼット種とのことです。このレバー、かなり美味しい。
感動ものでした。

l・ボワローネギのスープ.jpg
ボワローネギのスープ
クセがあるというか、主張の強い味です。

l・オーストラリア産子羊のラグーパスタ・トマト味.jpg
オーストラリア産子羊のラグーパスタ・トマト味
非常に日本人好みの味だと思います。
コース料理と思えない量で、そのため、フォカッチャは出ません。

l・静内産ホエー放牧豚とインカの目覚めのトマト煮.jpg
静内産ホエー放牧豚とインカの目覚めのトマト煮
普通、インカの目覚めは、小さいのが2~3個入っているものですが、
肉の下いっぱいに、テリーヌにしたあと焼いたものが、敷かれています。

余談ですが、店が混んでいたため、料理長らしき年配の方が運んでくださいました。
とても温厚そうな人で、厳しい修行を積んできたことが表情に出ていません。
達人というのは、こういうものかな、と感心したところです。

l・チョコレートケーキ・バニラのジェラート添え.jpg
チョコレートケーキ・バニラのジェラート添え
チョコレートケーキ、当然自家製ですね。濃厚な味わいです。

具体的な値段は言いませんが、ホテルのレストランで同等のものを食べれば、
この倍の価格になるはずです。
それを、私のような庶民の手のとどく範囲の値段で提供しているのは、
ある意味、革命ですね。こうした店が、札幌では、徐々に増えてきています。

レジで、ママさん的なスタッフの方が「ワインも楽しんでいただけて嬉しいです」と
おっしゃった時、不遜にも「あの料理でこの値段では利幅が少ないでしょう。
ワインくらいは注文しなくては。」と言ってしまいました。

L店の方、このブログを読んでらしたら、私が不躾であったのを悔いていること、
どうかご理解ください。度々寄らせていただきますので。

l・エスプレッソ.jpg
エスプレッソ
マイルドタイプですが、普通の大きさのコーヒーカップで出てきます。

大変、満足でした。
 
 
クネヒト081114.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(57)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

ガラス玉遊戯とラーメン屋の土曜日 [昔の私]



欲望にとらわれると、
富よりも命を軽んじるようになり、
他者に対してであれ、自己に対してであれ、
「死」が態度に現れるようになる。

自然の節理が人々に幸せをもたらせるよう、
無私の奉仕を続ければ、富は自然と集まる。

もし富が集まらなくとも、死は遠ざかり、
生が充実していくことに気づくだろう。

節理の体現への道は、自らの内から学ぶことができ、
富にとらわれれば、見えなくなる道でもある。

※参考
 「老子」を読む ※著者が個人として実在したかは不明
    楠山春樹訳 PHP文庫 552円+税
 ガラス玉遊戯 ヘルマン・ヘッセ著
    ※アマゾンで古本かヘッセ全集をお探しください
 図解 思考は現実化する ※ナポレオン・ヒルの成功エッセンス
    きこ書房刊 700円+税
 
 
というわけで、近所にできたラーメン店に行きました。
r・麦茶.jpg
麦茶が「ポットで」出されます。驚き。

あまりラーメンを食べない私は、「混んでる店だな」と思いつつ、
開店して半年もの間、この店には来ていませんでした。

r・醤油ラーメン.jpg
醤油ラーメン
驚くほどコクがあり、かなりのハイレベルです。
量は、普通の店なら大盛り程度です。
なのに500円!

r・炒飯.jpg
炒飯
これもビックリするくらい美味しい。
で、大盛りくらいの量で、500円!

r・餃子.jpg
餃子
これも、中華料理店で食べるより美味しい!
しかも、7個で300円!

他にも、メニューに、蕎麦とか天丼とか豚丼とか、色々あり、
で、おおむね500円!

二人で食べに行ったのですが、メニューに驚いていると、
店長が「うちはサーロインステーキもやってるからね!」と。
「ええっ?」と私たちが驚くと、「冗談だよ♪」と。
そこに、すかさず「でも私はレアが好きなのよね☆」と、
常連の客がボケをかぶせてきます。

店内は、和気あいあいとした、楽しいムードに包まれています。

ここ、大阪?
いや、札幌だよね?
と思いつつ、これは常連になるしかないと思った私でした。

札幌ラーメンを食べたいという人が来たら、
この店を紹介しようと思います。
 
 
クネヒト081109.JPG
        リヴリーアイランド カスターリエン にて

     (C)Copyright 2008 Kyou Nissho. All rights reserved.
nice!(57)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland
 
【まだ思考されていない物事に応じる過程】

人が思考しうる物事のなかには、
まだ思考されていない物事があります。

もし全てを思考し終えている存在者があるとすれば、
神のみです。

芸術も、
思考されうる未知の物事に応じる方法の一つです。

技芸は、
美または調和のモデルを用いて自らの活動を体系的に把握する、
姿勢であり、過程です。

2012年3月30日
響 西庄 庸勝

(C)Copyright 2012 Kyo Nissho. All rights reserved.
 

 

BlogPeople(ブログランキングなどのポータル)に登録しました。
ご来訪の記念に、クリックしてくださると、嬉しいです。
 

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。