So-net無料ブログ作成
検索選択

 

日本・中国・西洋から探究した技芸の要

調和への技法で訓練された精神と、世界の変化との、差異をとらえる。
様々な物事の未知の相互関係や発展性を見い出すため、自らを柔弱におく。
目指す物事が達成されると無条件に信じ、可能の根拠を積み上げていく。

もうすこし詳しい説明はこちら
http://glasperlenspiel.blog.so-net.ne.jp/2012-02-26

this web-log. (C)Copyright 2005-2012 Kyo Nissho.

 

ガラス玉遊戯 ブログトップ
前の10件 | -

虚無感と始点と母性と [ガラス玉遊戯]

1.はじめに

仮定にもとづく発想として、
世界で通じる日本の技術や文化的精神について、
変化の始まり、が、母性的実態で支えられる時、
社会にただよう虚無感や無力感に対抗しうるのではないか、
ということについて、以下のように文をなした。
 
 
2.仮定

もし、

「誰が得をするか?」
という価値感が技法的なとらえられ方をすると、

「得をできる構造は何か?」
という展開になるの、かも、しれない。

すると、創造的努力をする人は搾取されがちな社会的風潮も、
起こりうる、かも、しれない。

「日本とは」という言葉が使われる時、
「何か良いネタをくれ」というニュアンスが含まれるように感じるのは、
そのためだろうか?

もちろん、「日本とは」について、創造的事実もある。
スポーツ芸術や学問で、海外で日本人が評価された場合、
創造性が存在すると共に、日本国内に良いネタができ、
みんなが得をしてWinWin関係になりうるし、
実際、なってきたと思う。

それでもただよう虚無感や無力感。
 
 
3.発想

日本に住んでいて、創造的努力が評価される、何かが欲しい。

母性。
男性や子供に対するもの『ではない』、「始まりの保護」。

2の仮定に含まれる「世界における日本」の技法的事実があれば、
それは「日本から世界へ」の変化の始点を含みうる。

同時に、
母性は人間にとって否定できない実体をともなう概念として、
確認できた場合、

「変化の始点」に「母性」が保護的に働くなら、

虚無感や無力感に対立する大きな力が生まれる、かも、
しれない。

仮定にもとづく発想であるので、
発想する楽しみとしての文として。

no1145fig4.jpg
 
 
4.発想をおこなっての感想

かつて、
家庭内での母性を頼りに、男性が横柄であった時代があったと、
私個人は感じている。

一方で、
いまほど社会に母性が求められている印象の時代も無いな、
と、これも、私個人の感じとして、ある。

変化が求められる時代、
その変化の実態が母性に支えられるなら、
その母性は時代の実態でありうるな、と感じられたのは、
発想をおこなっていて楽しいことだった。
 
 
     (C)Copyright 2011 Kyo Nissho. All rights reserved.
 

導入-主要なテーマ-帰結の流れと、人の諸力。[作品1064] [ガラス玉遊戯]

せんりつ【旋律】
一連の音の流れによって何らかの心情を表したもの。
それ自体鑑賞の対象となるほか、
主題として音楽の展開・構成の素材となる。
リズム・和声と共に3要素の一つ。
節(ふし)。メロディー
-広辞苑第六版より-

そうごう【総合】
(1)個々別々のものを一つに合わせまとめること。
 「皆の意見を-する」⇔分析
-広辞苑第六版より-

キーワード:活動 導入 総合 部分

no1064(1).jpg
※作業風景です。

今回の理性領域の芸術の創造的活動において感じられたことで、
感じたことを短くまとめると、

人が音楽の三要素である、
「メロディー・リズム・ハーモニー」で感じていることは、
「世界が統一に(総合において)感じられること」と、
「世界が調和でとらえられるという自己信頼」との二つ、
であり、

また、「総合が在り得ることに信頼」して良いなら、
「結論を急がず、また、部分を部分として受け入れながら、
 導入-主要なテーマ-帰結の流れにおいて、
 その時々に必要なことがしっかりとなされることで、
 人の諸力は結合され、
 また結合された物事の現われが人の心と思考と行動に反映される」
との、一つの「気づき」、
と感じとられた。

以下、既存の発明における発想で、
今回の理性の芸術と一部呼応するものを、
特許電子図書館から引用する。
 
 
-引用-

出願番号 : 特許出願2002-250606 出願日 : 2002年8月29日
公開番号 : 特許公開2004-93601 公開日 : 2004年3月25日
出願人 : 株式会社第一興商 発明者 : 中島 彰信 外2名

発明の名称 : カラオケ装置における歌唱練習支援システム

要約:

【課題】
楽曲の全演奏時間を通じて
どの箇所がどの程度うまく歌えなかったのかを
利用者に提示する。

【解決手段】
楽曲の演奏データと歌詞データとを同期して処理して
カラオケ伴奏音楽と歌詞字幕とを音響映像出力する
カラオケ装置における歌唱練習支援システムであって、
歌唱者の音声信号をサンプリングして歌声ピッチを計測する手段と、
歌声ピッチ計測値と演奏データの主旋律におけるピッチ基準値とから
求めた誤差情報を所定時間ごとに記録する手段と、
全楽曲演奏期間にわたり多数の微少セグメントを帯状に連ねた
バーグラフをディスプレイに表示する手段と、
バーグラフの全長を楽曲の演奏開始から終了までの時間軸と
見なすとともに、
バーグラフを構成している微少セグメントの一つひとつを
音楽演奏時間軸上の微少期間として、
各微少期間にて記録されたピッチ誤差情報に基づいて対応する
微少セグメントの表示上の視覚効果を変化させる手段とを備えている。

-引用終わり-
 
 
     (C)Copyright 2011 Kyou Nissho. All rights reserved.
 

潜在技芸の現出のための実践遊戯 2010年1月13日 [ガラス玉遊戯]

[先行の発想]

徳性→恩恵を担い現わす実在者の性質
  ←自然の恩恵に気づき習得できる柔軟さ

   →自然と人間(実在者)との間のインターフェースとしての精神的資産
    ←精神世界と現象世界を混同しない工夫の必要
 
 
[技芸の可能]

-要素-
1)精神的インフラとしての伝統的徳性による価値現出範囲の拡大と調整
2)ビジネスモデルを自然と人間の関係から抽出

-要素の展開例:課題
自然と人間との関係の解釈の仕方の提供

-要素の展開例:解決手段
自然と人間との関係を客観化することで人々の相互の共有意識を可能にする
 
 
[技芸の背景]

世界:空気・水・光など共通に存在する形式
人々:自然と人間との関係をさまざまな場面に応用
日本:自然との情緒的共生方法の精神的資産
 
 
[技芸の具現]

目的:徳性の再現による可変発展的世界
方法:自然と人間とのインターフェース
理由:人間が恩恵の媒介であることの再発見
 
 
[参考資料]

特許電子図書館で公開されている既存の特許出願文章より、以下。
※著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。

出願番号 : 特許出願2007-126382 出願日 : 2007年5月11日
公開番号 : 特許公開2008-282242 公開日 : 2008年11月20日
出願人 : 株式会社壺中天地の会 発明者 : 樹門 幸宰

発明の名称 : 栄える地相・家相の判断法則

要約:
   (修正有)
【課題】
従来の地相及び家相による判断法則を改良する。

【解決手段】
家の土地及び建物の位置や方位から地相と家相を判断する方法において、
8つの方位それぞれに宿る運勢をあらわす八方位運勢区分と、
土地が南側の女系継承ゾーン・中間のワンマンゾーン・北側の男系継承ゾーンの
三分割されている継承ゾーン区分と、土地及び家の方角によって先祖の人々
それぞれのゾーンが決められている先祖区分と、現世に存在している家族
それぞれの象徴が決められている家族区分と、将来生まれてくる子どもの
ポジションが決められている子孫区分と、人の一生ヲ計るものさしの目盛りが
年齢となる年齢区分とから構成されている。

→響(きょう)による解説
 この発明は特許権をとるというより、
 自己のノウハウの公式記録の性格が強い様子。
 
 
出願番号 : 特許出願2004-228727 出願日 : 2004年7月7日
公開番号 : 特許公開2006-24166 公開日 : 2006年1月26日
出願人 : コムテクノアルファ株式会社 外1名 発明者 : 角 菊彦

発明の名称 : インターネットと携帯電話を利用した格安サービス伝達システム

要約:

【課題】
スーパーや量販店は、夕刻になると売れ残りを鑑みて商品の安売り
行っているがそれは店内だけで行われており、店外まで広く知られることはなかった。
またフリーペーパーのクーポンによって商品やサービスの割引を受けることが
可能であるが情報を提示する者にとっては、掲示したい情報が掲示されるまでに
時間的な狭間があり、しかも商品やサービスを受ける者にとっては、
フリーペーパーを持参しなければならなかった。

【解決手段】
インターネット上に接続された運営者サーバーと情報登録申込者の情報端末機器
あるいは携帯電話と情報閲覧利用者の携帯電話において、情報登録申込者が
運営者サーバーに格安情報を登録すると情報閲覧利用者は、求める地域あるいは
商品、あるいはサービスによって検索し、ほしい商品あるいはサービスの内容を
携帯電話の画面に表示させ、情報登録申込者へ直接提示することで格安情報を
受けられるようにした。
 
 
※この記事は何らかの利益をお約束するものではありません。
 目的に向かう人の活動のイメージを示すものです。
 
     (C)Copyright 2010 Kyou Nissho. All rights reserved.


潜在技芸の現出のための実践遊戯 2010年1月11日 [ガラス玉遊戯]

潜在的な技芸の可能性
文化習慣の違う外国での人々との交流において、
自己の文化習慣が何から生まれたのかを把握しつつ、
他の国々における文化習慣を体系的に洞察することによる、
相互交流による成果の促進を目的とする、
技芸の活用と発展育成のための発想を導く。
 
 
技芸発展のための 発想の流れ
物質→世界を再現し自己と一体化する境地
   ←媒介の特性と神話の採用
     →内面で進行する自然の変化
       →自然との一体化の訓練

 →自然な振る舞いとその洗練、また、
   振る舞いにおのずから応じるような日々の道具
 
 
技芸の背景となる 世界-あなた-日本
世界:振る舞いの国民性
あなた:国柄を反映した装飾品
日本:山々と清流の四季
 
 
技芸の具体化のための 目的・方法・理由
目的:文化を相互に活かす
方法:品格の体系的把握
理由:居住地より生ずる精神
 
 
特許電子図書館
検索キーワード 伝統 美
 
 
参考資料
既存の特許出願文章より
※著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。

出願番号 : 特許出願2007-149755 出願日 : 2007年5月9日
公開番号 : 特許公開2008-279221 公開日 : 2008年11月20日
出願人 : 松田 洋子 発明者 : 松田 洋子

発明の名称 : 純金や18金の文字や模様をはめ込んだ箸。

要約:
  (修正有)
【課題】
箸は食事の時に使用する道具の一つで、装飾も絵画を描いたり、
塗り物しか無かったが、箸に純金や18金をはめ込み、
日本の伝統的な食器文化の箸に美的価値、箸自体の価値をより高くする。

【解決手段】
箸の一部に文字や模様を彫り1、箸に彫った、
同じ形状に加工した純金や18金の文字や模様をはめ込み、
箸に価値の高く美しい模様や文字を装飾する事により、
従来の装飾美の箸とは全く異なる、美的且つ価値を高め、
高貴な美術品としても、価値的にも極めて美しい食器とする。
 
 
出願番号 : 実用新案出願平11-2385 出願日 : 1999年3月9日
登録番号 : 登録実用新案第3062003号 登録日 : 1999年6月23日
実用新案権者 : 横山 夫紀子 考案者 : 横山 夫紀子

考案の名称 : 扇スタンド

要約:

【課題】
発想が「和」の世界にとどまりがちな扇を、
インテリアとして「洋」の空間にも生かせる新しい扇の飾り方を提案するために、
扇スタンドを作ることが目的である。

【解決手段】
従来の立て懸ける竹製扇立て製品にかわり、
扇の面を垂直にすることで扇を飾る場所を広げ、現代居住空間のインテリアとして、
「洋」の空間にも提案できるようにした。
また、伝統工芸品である扇の美意識を美術品とすることができるようにした。
 
 
     (C)Copyright 2010 Kyou Nissho. All rights reserved.

【お笑い】意識と自然とのビビッドな関係[ガラス玉遊戯] [ガラス玉遊戯]

困っている人を助けると、それなりに感謝されます。
「それなりに」なのは、プライドが邪魔して素直になれないことから来ます。
プライドが邪魔する傾向は、人→犬や猫→魚類の順で低下し、草花にいたると、
あまりにも万物と一体になっていて、見る者の心を打つほどです。

この万物と一体となった境地は、米・大麦・小麦・小豆など、
穀物の恵み自然の恵みと称されることから、どら焼きにおいて顕著です。
私がどら焼きが好きなことからも、明らかですね。

つまり、穀物は万物と一体となっているがゆえに、
人が「私は~を食べたい」と考えると、意識はその原産地に向かいます。
例えば、どら焼きを食べると意識は日本の古都に向かいますが、
チョコレートを食べると、意識はベルギーに向かいます。

ですから、チョコレートがとても好きな人は、家系を調べてみてください。
先祖にベルギー人がいたか、家に世界地図があることでしょう。

つまり、意識にはその「発祥の地」があるのです。
発祥の地は現実世界にあるわけですから、地図にして表示することができます。
このことから、和の心が欲しい時は、どら焼きを古都で食べるべきと分かります。
札幌ラーメンは札幌で食べるべき、というのと同じ、自然法則の一つですね。

このように、人間の主観的意識は、
関わりを持つ何らかの自然の影響を受けています。
気温・昼夜・服装・どら焼き・メイド喫茶などは代表的です。

ですから、より良い自分になりたい、そうした時、
客観的に把握した自分自身と向かい合う必要があります。
そうした「心と自然の地図」「意識と自然の地図」を、
紙に描いてみるのも良いかもしれませんね。
 
 
図式:1005
使用:通常展開
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

【笑い】・・・時には鯉に憧れて・・・[ガラス玉遊戯] [ガラス玉遊戯]

お寺や神社に池があったりすると、
よくお金が投げ込まれていたりしますね。
それで、「お金を投げ込まないでください」と、
看板が立っているところもあります。

私なんか、
自分の財布を広げては「誰かお金を投げ込んでくれないかな?」と、
天をあおいだりします。

カラスのフンをかわすためでもありますけどね。
(一石二鳥のスケールが非常に小さいですね。)

池の鯉なんかは、もう神様仏様の代理で、人間より幸せなんじゃないかと。
お金なんかには目もくれずに泳いでると、それはそれは、美しいですよね。
神様の前に立つと、お金のことばかり祈っている私とは、大違いです。

「いっそ鯉の着ぐるみを着て生きていこう。きっと幸せになれるから。」
そう思うことは、誰しもあるはずです。

でも、もし鯉の着ぐるみを着て公園にいて、
十円玉を足元に投げられたら、
「私は乞食じゃない!」って怒るかもですね。

何も奉仕してないのにお金をもらうと、
普通の人は屈辱や不安を感じるもののようです。

お賽銭(さいせん)って、祈願成就のお礼を、
先にしておくもののようです。広辞苑によりますと。

するとポイントは、私が鯉かどうかではなくて、
祈願を成就してくれる神聖さがあるかどうか、
となりそうです。

「この人を信頼しても裏切られることは無い」と思うと、
お仕事になりやすいですって?なるほど、ごもっとも。

神様仏様が金を探し回ってたら、それこそ神も仏も無いものか、と。
鯉は金を探し回っていないから、神の代理に見えるのかも、です。

静かなお寺や神社の池に泳ぐ鯉は、
神様仏様に愛されているように見えますね。

そんな風になれたら良いとは思いますよ、私も。
ときどきは、ですけどね。
 
 
図式:1004
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

【ガラス玉遊戯】『明日への見えない文字を』[参考:大祓詞] [ガラス玉遊戯]

  『明日への見えない文字を』

飛行機雲が 昼の星座を 光沢のある銀の矢印で
  描き出す 時の テーブルクロス に 温かい紅茶

  天球儀 を 私たちは シャンデリアの代わりにする
    シャンパンの きらめく泡ほどにも 限りの無い

夢の一つ一つに 存在の夜明け 無形の真実 を
  祝福する奇跡は 意思すれば始まること 可能性の

  星々 人の星座から始まる超越は あなたの出来事
    夢の共有で開く 扉 始めての日々への

かつて ため息が空に吸い込まれていったことを
  大海原にゆらめいて あなたが 見つめる内に

  私たちが 広い草原にいて 花の香りは
    カーテンを開いた時の 森から訪れ

買ったばかりの日記帳を開くと 見えない文字で
  未来のことが つづられていること

  あなたの心と 夢を共にする人々の心とで
    つづられていく 可能になる未来へと

  くり返し くり返し 祈ることを
 
 
図式:1004
手法:通常展開
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

【ガラス玉遊戯】共有する起源の利益[参考:大祓詞] [ガラス玉遊戯]

1.今回の遊戯の主旨

神道の大祓詞をガラス玉遊戯の図式法の主題とした場合の、
ガラス玉遊戯の内心的展開で、実現可能性が高いものの、考察。

キーインスパイア:構想界
 
 
2.テーマの分析

目的:構想力を、日々活性化する、具体的な手続きを利用した、富の先取り。
方法:共生における発展の基礎となる技術の、構想界における、展開の確認。
理由:発展の意識の共有に有用な、深層意識との連環を促す、現象界の物事。
 
 
3.テーマの展開

・2の目的の展開 → 人間の創造の元となる精神の場である構想力の活用

  人間が思考を現象に置き換えるには、その現象を想像できなければならない。
  抽象的な思考は現象の想像とは異なるが、構想力を増強拡大するための、
  現象界の観察能力を導くものとなる。

・2の方法の展開 → 技術に支えられる社会では技術に応じる 心の発展が可能

  人間が生み出す豊かさへの手段には、その手段の実現の過程において、
  豊かな世界を構想力が描いていたはず。
  その構想力による世界を常に活性化させ、あるいは主体的な構想力が描く、
  同レベルの心の世界もまた可能とする、自己信頼の訓練は富への道の一つ。

・2の理由の展開 → 技術は変化する世界に応じる 自己存在の確認方法の一つ

  技術を開発あるいは発展させた時に高揚感があるのは、
  その技術によって幸せになる人々から認められることの喜びから起こる。
  世界が人々を祝福していることの意識は、より良い技術の獲得の源泉。
 
 
4.テーマの実践

上述の2と3とにもとづいて、
以下の要素の展開と組み合わせによる技法が可能と思われるが、
今回は具体化までは踏み込まない。

(1)技術の起源への意識の解放
(2)新たな技術が可能という意識の社会的な共有
(3)自己信頼にもとづく共同と共生のある日々
 
 
図式:1004
手法:通常展開
 
 
※この記事は何らかの利益をお約束するものではありません。
 目的に向かう人の活動のイメージを示すものです。
 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.


【ガラス玉遊戯】人間の本性が宇宙と同一である祝福 [ガラス玉遊戯]

公園で、
掌打と投げを含んだ360度の転身の練習をしていたら、
周囲の人々全員が私を凝視していました(!)


・を・


・・をを・・


・・・・をををを・・・・


  愚者が神々に生を許されるところに 咲く花に
  時と置換できる祝福を予感するとき 自我は
  宇宙と名づけられた存在から永遠によみがえり
  秘密は利他の花弁の 紅玉に 輝いていた


  0968-1.gif
 

真の自我を覚えられるなら、
苦悩はむしろ真理への扉となることが暗示されています。
自然を己の意識と覚え、変転の内に気づいた始源を、
人々の存在の祝福とし、名誉を去るなら、
想定しうる神々への委託は、魂の休息に結びつく、
ということでしょうか?


・・・を・・をを・を・・・


  空中に描き出された水晶に委ねられた時を飛ぶ魂が
  狂乱した世界にメトロノームを与えるとき 赤子の
  小さな笑い声が 共有された精神の体系を補正する
  正午の天体は水色で 互いに本能の重力の支柱である


  0968-2.gif
 

世界を認識できる人間の理性は、同時に、
世界を描き出し、共有する理性でもある、
ということでしょうか。
共有され、描き出された「仮象の世界」を、
真の世界より優先することが、社会の混乱であり、
混乱の始まりである各々の魂に向かい合う機会となる、
何らかの物事が、常にあることが、暗示されています。


   ・・を・・をを・・・・


  水で出来たバラの花の 水面が母のように揺れるとき
  不確かな心もまた 宇宙のメロディーと調和していると
  人々と信じあえるキャンバスに 水晶を描いてみたかった
  世界は ほのかに照らし出され 人々はまだ眠っている


  0968-3.gif
 

人間が、神々に憧れて生み出したこの世界も、
やはり仮象にすぎないのかもしれませんが、
熟練した言語学者が創りだした「まだ存在していなかった言葉」が、
人々に理解されうるものであるように、
目の前に無い物事をもって、信頼しあえる存在者としての人間を、
まだ信じて良いことが暗示されています。


  ・・を・・  ・・を・をを・・ ・を・


  0968-4.gif
 

そう、すなわち・・・・。

「意味あるものの売り買い」に疲れてしまった人々は、
「予見の義務から解放される無意味なもの」が欲しいのです!(たぶん)

その「無意味なもの」を人々に示すことができれば! ガッポガッポと!


ガッポガッポと!(たぶん)


・を・


・・をを・・


・・・・をををを・・・・




図式:0968
様式:二系列展開

 
※この記事は何らかの利益をお約束するものではありません。
 また、この作品には多くのユーモア・お笑いが含まれています。

 
 
      (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.

アラビア科学と社会が星辰に結びつく理由 [ガラス玉遊戯]

私は、おかか味の納豆が好きなのですが、
冷蔵庫を開けるとあったのはキムチしだけでした(!)


・を・


・・をを・・


・・・・をををを・・・・


  ギリシャ彫刻に魅せられる少女は
  フクロウの瞳から 人類の地平線に限界を見るとき
  夜を通して語りかけてくる 存在の意義からの呼び声に
  自らを象った(かたどった)鏡を予感することになる


  956-1.gif

この図式から読みとれるのは、
社会の慣習は社会を保持するものではあるけど、
自然現象としては限界のある人間の造形物であり、
時にしたがう変化により排斥されうる、
ということです。しかしながら、
自然は人格者に寛容であると共に、徳のある社会に、
新たな時代への起源を可能としていることもまた、
読みとることができます。


・・・を・・をを・を・・・


  人格は人間の思考力において存在するものでありながら
  大地と月と太陽の調和を想起させる 公理系の限界は
  新たな可能性の暗示でもあり 伝承される 魂の尊厳を
  秒針の彼方へと飛翔させる


  956-2.gif

原因を探る人間の理性は、
概念を超越的概念(理念)とするのですが、
役割の固定された理念は概念にすぎず、
人間社会に不寛容を生むことがあります。
現象界が「変化」して見えるのは、
人間がまだ「真実を確定する」能力を持っていないからですが、
言いかえれば、概念によって真偽にとらわれないのであれば、
万物は在るがままに在るという前提に気づくことでしょう。


   ・・を・・をを・・・・


  事物は真実に検証される「試み」に過ぎず
  人間の生命は しかし 一つの忘却とは言えず
  愛する者の はかない終わりは 魂に刻まれ
  「試みを自ら生きた尊厳に従い」 星辰となる


  956-3.gif

事物が万物に関連づけられるものであることを否定できない限り、
真の知への人間の活動は、常に「試み」の段階であると悟るべきです。
そこに完全さは有りませんが、知への愛で確かめられる精神の崇高さは、
人類全体の希望となるものです。
   

  ・・を・・  ・・を・をを・・ ・を


956-f.gif

そう、すなわち・・・・。


人間が生み出す事物は常に有限なのですが、
その有限さの背後に潜む精神は無限を象徴するのです!(たぶん)


その精神への道を人々に示すことができれば! ガッポガッポと!


ガッポガッポと!(たぶん)


・を・


・・をを・・


・・・・をををを・・・・


 


図式:0956
様式:並列展開
公開:09/04/5
 
 
※この記事は何らかの利益をお約束するものではありません。
 また、この作品には多くのユーモア・お笑いが含まれています。

 
 
     (C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.


前の10件 | - ガラス玉遊戯 ブログトップ
 
【まだ思考されていない物事に応じる過程】

人が思考しうる物事のなかには、
まだ思考されていない物事があります。

もし全てを思考し終えている存在者があるとすれば、
神のみです。

芸術も、
思考されうる未知の物事に応じる方法の一つです。

技芸は、
美または調和のモデルを用いて自らの活動を体系的に把握する、
姿勢であり、過程です。

2012年3月30日
響 西庄 庸勝

(C)Copyright 2012 Kyo Nissho. All rights reserved.
 

 

BlogPeople(ブログランキングなどのポータル)に登録しました。
ご来訪の記念に、クリックしてくださると、嬉しいです。
 

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。